たこ焼き(ソーセージ)作り 

Uncategorized

こんにちは,Takaです

皆さんは,たこ焼きを一人で作成したことありますか?

最近お家時間が増えて,たこ焼き作りたいけれどなんだか作り方が分からない

いつも作ってもらっていたから作り方が曖昧だって方もいるのではないでしょうか

ってことで、一人暮らしバツイチ男がたこ焼きを作りました

今年に入って10回以上作っているのですが,なかなか写真に残すことができず。。。

今回からたこ焼きレポートをやっていきます

あ、たこ焼きといっても中身はソーセージです

たこは高い。。。。🤣

さっそく、今日の食材を紹介していきます

使用した食材

  • たこやき粉 100g
  • 水 350CC
  • 揚げ玉 少量.
  • 卵 一個
  • キャベツ 半玉4分の一
  • ソーセージ

今回使用したたこ焼き粉はこれ

日清さんが出している『昆布だし香るたこ焼き粉』

昆布だしが効いていてトッピングはマヨネーズだけで美味しいです

次に紹介したいのはソーセージ

はい、ドン

ジョンソンヴィルさんのチェダーチーズ味

個人的な感想ですが、たこ焼きのを焼く際に“チーズ“は重要だと思っています

なんと言っても出来上がり時のボリュームが違う

最初からソーセージの中にチーズが入っていたら一石二鳥という安直な考えで購入

では次に簡単な作り方をご紹介

作り方(生地作り)

  • キャベツをミジン切り,ソーセージを輪切りにしておく
  • ボウルの中に卵を一個入れて菜箸でしっかり混ぜて溶く
  • たこ焼き粉を100g入れて,溶いた卵と混ぜ合わせる※ある程度でOK
  • 水を100CC入れてしっかり溶く
  • さらに水を100CC加えてしっかり溶く
  • 最後に150CC入れてシャビシャビな生地ができたらOK
  • 刻んだキャベツと揚げ玉をボウルに入れる

作り方(下準備)

  • たこ焼きプレートの一つの窪みにサラダ油を7/10程度入れる
  • ティッシュを少し丸めて,先ほど入れたサラダ油をしみ込ませて他の窪みとプレート全体に油を引いていく※ティッシュは先端だけ丸めて上の方は分厚く持つと火傷しない
  • プレートが温まったらソーセージをあらかじめ入れて焼く(これは霜降り明星のせいやさん(大将)の流派を真似しています笑)
  • 両面適度に焼けたら生地を流し込んでいく ,その際に生地だけをソーセージの下に流すことがポイント
  • 生地を全てのポケットある程度流しこんだら,次は具材をまんべんなく窪みに入れていく
  • ソーセージをとキャベツの位置を逆転させる(ソーセージが上,キャベツ・揚げ玉が下)※こうすることでソーセージが玉の中心にくる
ソーセージをまずは焼く(霜降りせいやさん流)
はみ出ているのはご愛嬌!笑

作り方(焼き方)

生地を流し終えたらいよいよ焼いていきましょう

・ますは5分間じっと待つ.

・プレートの溝に沿って櫛で – 切れ目を入れていく

上の画像のようにたこ焼きプレートには必ずと言って良いほど“溝“があるのでそれに沿って生地に切り込みを入れます

  • 3分待ったら,プレートの底に串を忍ばせて手首を右に90℃回転させてクルっと生地を回転させます(これは絶対“慣れ“でうまくなります笑)
  • 5分ほど待ったらある程度焼き色が着いたら,あとは丸くなるように飛び出た具をポケットの下に落として雪だるまのように玉を大きくします
  • 自分の好きな焼き加減になったらさらに盛ったら完成です

完成したたこ焼き

少しソーセージが飛び出していますがご愛嬌!笑

こんな風に焼き上がりました

あとはトッピングの紹介

トッピング

みんな大好きマヨネーズ&お醤油

右上に何故か片寄ってしまいました🤣

ちなみにル・クルーゼのお皿使っています

先ほども言いましたが,昆布だしが効いているのでマヨネーズだけで十分美味しいです

また,今回のソーセージはコクがあってチーズの塩加減も相待ってめちゃくちゃ美味しいたこ焼きとなりました

皆さんも是非,おうちでたこ焼きを楽しんでみてください

ちなみに私は一人たこ焼きを楽しんでいますが,ビール片手に飲みながら作るのも良いですよ〜

では,また〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました